もしも熊とバッタリ出会ったら

はじめに

 

熊画像

 

は誰でも知っている動物です。


では身近にいるかと言われればそうではなく、動物園かテレビで見る程度じゃないかと思います。


住んでいる地域にもよりますが、野生の熊を見る機会などはなかなかありません。


ましてや都会に住んでいる人などは一生に一回見るか見ないかのそんな程度だと思います。


しかし、いつ何時渓流釣りに誘われたり、はたまた山や森にハイキングに出かけたりするか分かりません。


そんな時、絶対に熊に遭遇しないとは限らないのです。

 


もし熊に対する知識が少しでもあれば、出会った時の対処法も少しは変わってくると思います。


しかし全く知識がないと、致命的なミスをして命の危険にさらされる可能性もあるのです。


そうならないように誰でも熊に対する予備知識程度は覚えておいてほしいのです。


熊という生き物は見た目は案外可愛いですが、実際は凶暴な肉食獣です。


もちろん理屈など通じません。


あなたを襲おうが襲うまいがそれは熊の勝手なのです。


まさにさじ加減ひとつです。

 

消えない目の下のお悩みには『アイキララ』

 


だからこそ覚えていたほうが良いのです。


そりゃあなたが熊と戦って熊を一本背負いで投げ飛ばすほどの怪力の持ち主だったら私はなにも言いません。


それだけの力があるなら対処法など必要ないですから。


その熊だって一本背負いで人間に負けたとなればその場で熊廃業ですよ。


ですが!到底あなたにそんなことできるはずがありません。


勿論私だって無理です。

熊画像


クドイですがだから知識をつけなければいけないのです。


ただ知識と言ってもなにも難しくはありません。

 


熊をはじめ、野生動物と接する常識です。


こんな時はこうしたほうがいいとか、こういう時は相手がイライラしているから気を付けなさいとかそんなものです。


勿論意気込んで読んでもらわなくても結構です。ただ退屈しのぎや暇つぶしに読むというか見るだけでいいです。


それでもひとつの記憶としてあなたの頭に残れば、それだけで今までと違った対応ができるはずですから。


言っておきますが、私は熊が嫌いなわけではありません。


むしろ好きです。



だから彼らにこれ以上事件を起こしてほしくないわけです。


人間が熊に対してきっちりとした対応をとれば明らかに熊による事故は減るはずですから。


また、人間は自然界の事に関してもあまりにも無頓着すぎます。


機械ばかりに頼りすぎて、自分の目で確かめたり、自分の肌で感じたりという行動がおろそかになっている気がするのです。


そういう現状が今騒がれている地球温暖化にもつながり、しいては熊の生態系にも悪影響を及ぼしているのだと思います。


その生態系の乱れがまた人間とのトラブルの原因ともなっている事は皆さんご承知のとおりかと思います。





こどもの口内ケアができる乳酸菌サプリとは?








 

はじめに記事一覧

熊というイメージは?

熊画像 熊というとあなたはどのようなイメージをもつでしょう?森のくまさんのイメージでしょうか?はたまた怖い怖い肉食獣のイメージでしょうか?それとも鮭をくわえた木彫りの置き物のイメージでしょうか?どれも熊には間違いはありませんが、その人のもつイメージによってだいぶ印象が...

≫続きを読む

熊の祖先ってなんなのか

女性画像 人間にも動物にも虫にだって祖先はいます。人間の祖先はサルだといいます。これは正論とはなっていますが、今の科学では実は賛否両論あり、本当は宇宙人が遺伝子操作でつくったものなのではないかなどという突拍子もない論議もされているそうです。それはさておき、熊にももちろん...

≫続きを読む

熊の種類や性格などは知っておこう

熊画像 熊の種類には他にもアメリカクロ熊(体長130〜180cm)などもおりますが、性格はわりとおとなしく、この熊はあのテディベア、熊のプーさんのモデルになった種類です。他、マレーグマ、ナマケグマ、メガネグマなどあまり聞いたことのない種類の熊もおります。ナマケグマなど...

≫続きを読む

熊による事故は頻繁におきてる?

熊画像 世界でも熊による事故は相次いでおこっているようです。例えばとある男性が熊のいる柵の中に無断で入り、熊に襲われたなどの事故は結構おきています。この人としては飼い慣らされている熊だから大丈夫だろう。「どうだ?俺は根性あるだろう?」みたいなアピールだったのでしょうが...

≫続きを読む

おすすめサイト


トップページ はじめに 熊の特徴 熊に出会ってしまったら 熊グッズ