もしも願いが叶うなら、どうぞ熊と会わないように!

ツキノワグマの生態について

 


これはかなりデカイですね

ツキノワグマという熊がおります。

これは日本に生息する一般的な熊 で、体高(足先〜肩)50〜60cmあり、

胸のところに白い三日月 模様をもっていて、これがこの熊の名前の由来になっています。

実際 体重こそ50kg〜100kgと重いですが、大きさは普通の大型犬 ぐらいです。

ですので、戦ったとして倒せなくはないです。

条件とし てこちらはもちろん武器所持、向こうはこちらにビビリ気味というと ころでしょうか。





そうはいっても向こうは熊です。

こちらとはあきらかに鍛え方がちが います。

前どこかの中学生の女の子がこの熊に蹴りをいれて退散させ たと新聞にのっていましたが、それは偶然です。

またどこかで同じよ うな事をやってごらんなさい。

間違いなくかたわになりますよ。

昔か ら相手を見てケンカしろとはよく言ったものです。

小さいながらもこ の熊には前頭筆頭くらいのパワーはあるわけです。

まあとにかく出会 わないにこしたことはありません。


この熊の特徴は植物食傾向が強い雑食で、果実、芽、昆虫、動物の死 骸などを食べるようです。







 

ツキノワグマの生態について

熊画像 これはかなりデカイですねツキノワグマという熊がおります。これは日本に生息する一般的な熊で、体高(足先〜肩)50〜60cmあり、胸のところに白い三日月模様をもっていて、これがこの熊の名前の由来になっています。実際体重こそ50kg〜100kgと重いですが、大きさは...

≫続きを読む

ツキノワグマによる被害について

熊画像 日本の本州では熊といったらツキノワグマである。例えば岡山県あたりの山中で「熊だ〜!!」と人が逃げてきたとして、追ってくるのは間違いなくツキノワグマである。これがヒグマでした〜なんていったら、大穴どころかどこかの動物園から逃げてきたのかよ、ってことになりますね。...

≫続きを読む

ヒグマの生態とはどのようなものか

熊画像 ヒグマというのは日本では北海道にしか生息していない熊の中の王者で、ご存知あの巨体をほこるバカデカイ生物であり、本州に住むツキノワグマに比べてもはるかにでかい熊です。しかし、そのヒグマも生まれたばかりの時は400gほどしかなく、人間の赤ちゃんよりも小さいのです。...

≫続きを読む

ヒグマによる被害(獣害)は甚大?

熊画像 ヒグマによる獣害事件は今まで数々起こってきました。特に大正時代の三毛別羆事件や、昭和45年にあった福岡大パーティ遭難事件などは有名です。いずれも人間が襲われた事件で、三毛別羆事件などは実際何人かの人がヒグマに食われるなど、非常に凄惨な事件だったそうです。ヒグマ...

≫続きを読む

北の王者ホッキョクグマの生態

熊画像 ホッキョクグマは別名シロ熊とも呼ばれ、北極圏の陸地と氷上に生息する熊である。体長は2〜3m、体重250〜750kgで熊科最大である。非常に嗅覚が優れており、わずかな匂いを頼りに氷の下にいるアザラシをよく捕獲し食べる。ごくまれにセイウチなどを襲うときもあるが、セ...

≫続きを読む

ホッキョクグマによる被害と環境変化

熊画像 ホッキョクグマによる人間への被害は住んでいる環境のちがいもありあまり聞きませんが、北極までつづく先住民イヌイットの土地、ブーシア半島の東キティクメォト地区にある、タロヨアクと呼ばれる町などでは地球温暖化の影響もあり、飢えたホッキョクグマが頻繁に町に出没し、食料...

≫続きを読む


トップページ はじめに 熊の特徴 熊に出会ってしまったら 熊グッズ